タイヤに異変発生?

こんな経験をしたことはありませんか?

 

突然パーンと音が鳴って、自転車が前に進まなくなる・・・

 

そう、これはタイヤのパンクです。

 

 

そんなとき、一目で分かるパンクの見分け方があります。

 

 

 

この画像のように、タイヤの表面から布状のものが出ていたら、

このタイヤはすでに限界です。

 

もし、このまま中のチューブを修理して、空気を入れるとどうなるでしょうか。

 

・・・やったことのある方ならお気づきかもしれませんが、

空気を入れた瞬間にタイヤの割れ目からチューブが飛び出して、

バースト(破裂)してしまいます。

 

こうならないために、ときどきタイヤを点検することをお勧めします。

 

タイヤの表面から布状のものが見えてきたら、パンクする前にタイヤを交換しましょう。