あれ?ギアの調子が...

変速つきの自転車に乗っている人を、最近よく見かけます。

 

でも、たまに6速にいれようとしても、入らないとき、ありますよね。

 

そんなときに、どうすれば元通りになるのか、お伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

これは、ギアが4速に入っている状態です。(6段変速つき自転車)

 

この自転車は、赤丸で示しているように、

ギアを変える機械(正式名称:ディレイラー)が、

外側のディレイラーガードと接触してしまっています。

 

このままでは、ディレイラーが外側に開いていかないので、

これ以上ギアを上げることができなくなります。

 

このパーツは、自転車が転倒するとすぐに曲がってしまうので、

非常に困りものです...

 

 

 

対処法は、このディレイラーと、

ディレイラーガードの間隔を開けてやることです。

 

ディレイラーガードは比較的柔らかい金属で出来ているので、

下側を持って、外側に引っ張ってやると、

誰でも簡単に曲げることが出来ます。

 

この写真くらい間隔を開けると大丈夫でしょう。

 

 

 

 

 

しかし、逆に1速に入らない場合は、

変速のワイヤーが伸びてしまっていることが多いです。

 

この場合は、少し修理が複雑になるので、

自転車屋に持っていくことをおすすめします。